Menu

バドミントン専門治療

Home

バドミントン外傷

バドミントン専門治療について

腰痛

競技の特性上、必ずゆがみが出てきます。そしてケガのほとんどがそのゆがみからくるメンテナンス不足です。
肩の関節が痛い、肘が痛い、手首が痛い、腰が痛い、膝が痛いなど全く健康体でバドミントンを継続している方のほうが少ないように思います。
ゆがみはケガの原因になる以外にもパフォーマンスが落ちたり、無意識に動きが悪くなったりしているものです。
ケガをしてしまってからでは遅いのです!その前の段階でメンテナンスすることが大切です。違和感を感じた時点で体は危険信号を出しているのです。
特に当院では、予防やメンテナンスやパフォーマンスの向上に力を入れています。

このようなことに心あたりがある方

痛いが動いてたら痛くなくなるので放っている
練習しているのに弱くなった
練習前後にアップやクールダウンをしていない
強くなるため、結果を出すための手段の一つとして身体のケアを取り入れたい
体力が落ちたわけではないのに疲れやすい、疲れが溜まっている感じがする

施術ポイント

施術

ほとんどの方が手の長さが違ってきます。足の長さが違ってきます。これは全てゆがみです。
この状態で痛みや違和感がなくても無意識にかばうような動きをしたりその動作を避けるために動けなくなったりします。無自覚でも検査をすると悪い場所がはっきり表れます。当院ではバドミントン専用の検査を行い、不調部分をはっきり特定できる検査方法、治療方法があります。

足首の捻挫も急に起こったように思われますがしっかり原因があります。
とっさの判断で頭では正常な状態を前提に動こうとします。しかし、疲労で足の動きが悪くなっていれば脳と身体の動きでギャップが出ます。思ったように足が運べなかった結果、バランスを崩して不自然な着地になり足首をひねるのです。
捻挫をしてしまっては遅いのでメンテナンスがとても大事なのです。